So-net無料ブログ作成
検索選択

上への動き [Ballet]

皆さんの踊りが急変しました。
先生が「上への意識」を強調する動きを取り入れられた結果です。
バレエは上へ延びて行こうとする舞踊(日本舞踊は地へ向かおうとする舞踊)という言葉を思い出しました。

バレエには脚の位置と腕の位置は基本的に決まっています。
しかし動きになると「感じ」としか言いようのないものだ、というのが今日のお話です。
その「感じ」を悟らせるヒントが今日は全員にぴったりはまりました。
スキップ、ツーステップという日常的な動きからはじめて、上下動を強調させた動きを踊りの中に取り入れてゆきます。

上への浮揚感を妨げているのが「固さ」。体を固めて自由度を押し殺してはのびのびした感じが出せません(これはどんな芸にも通じることだと思います)。

平面的だったものが立体的になったというか、躍動感が出たというか。あまりに雰囲気が変わったので、ひと踊りしたあとみんなで互いに拍手を送りました。

この上への意識は、バーレッスンの段階から意識してほしいとのことでした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。