So-net無料ブログ作成

乗馬200 [乗馬]

馬との会話力。
今日は柵の中ではなく、広ーいフィールドで馬といっぱいおしゃべりする練習でした(昔、しゃべる馬のテレビ番組がありましたね?そう言う会話じゃないですよ)。

馬は警戒心が強い動物です。広ーい原っぱにぽつんと一人いることはありません。周囲から何に襲われるかわからないからです。
柵があれば柵のそばに(そちら側からは襲われない)。蹄蹟とかの溝があればその中に入る習性があります。
今日はあえてそれに抗って、身を隠すもののないところに導いて、絶えず話しかけて「大丈夫だよー」と安心させてやる練習です。

常歩(ウォーキング)では余裕です。進め、止まれ、右へ左へ。馬くんと会話が弾みます。
速歩(ジョギング)と軽速歩。やや私が無口になります。それでも巻き乗り(1回転)と半巻き(半回転)は通じました。
駈歩(ランニング)。コーチによるとさらに無口になっているそうです。巻き乗りはやってくれますが、ちょっとまだ細かい会話をする余裕はないのです。そのぶん図形のサイズ、歩様のリズムがびしっと決まりません。スピードのコントロールや左右の指示。コーチによるともう一つ何が言いたいのかわからないそうです。「まあこの辺やろなー」と馬くんが気を利かせてくれている状態。

馬くんが信頼してくれると向こうから次はどうするの?と聞いてくるそうです。かわいいですね。馬会話教室。しばらく続きそうです。

乗馬199 [乗馬]

ここ数回、明らかにレッスンが変わりました。
とにかく前へ!もっと出しましょう!

常歩(ウォーキング)なら、ぎりぎり速歩になる手前まで。
速歩(ジョギング)ならぎりぎり駈歩(ランニング)になる手前まで。
駈歩のとき速歩に落としてしまってもやり直し無し!すぐ駈歩!!

手綱は引いてはいけません。引こうとしてもいけません(きびしー)。
騎手自身が走ってください(体が止まっている)。
ふくらはぎを馬体から離してください。馬が興奮します(こわー)。

優秀なる高校馬術部が部班(グループ)で駈歩の練習をしていました。ドドッ、ドドッという脚の音。それを見てコーチ「ね、音が違うでしょ?」僕のはパカッ、パカッです。

ま、ともかく今日も無事終わりました。これで何とか新しい週を迎えられます。

乗馬198 [乗馬]

「前に出しましょう!」

今日はこれを何度言われたことでしょうか。
今日の馬くんは初めからそわそわした感じ。馬場柵に入って鐙を直していると蹄蹟を離れてあらぬほうへ。どうやら厩舎を目指している様子。

レッスンが始まって常歩で蹄蹟行進していると、突然暴走して馬場柵をでてしまいました。
「はい前に出しましょう!すぐ戻りましょう」
こういうときは扶助を出し続けないといけないのです。

速歩、軽速歩でも落ち着かない感じ。周りの雰囲気に影響を受けているようです。それでも、騎手がそれに勝たないといけない。馬が周囲の状況から逃げるのではなく、騎手の拍車から逃げると言う状況を作るのです。
「はい推進!前に出しましょう」

いろいろあって今日はいつもの「バランス乗り」ではなく「力乗り」になってしまっているとの指摘。

駈歩。ここでも暴走。どうも馬場柵横に止めてある車のなかでごそごそやっている人が気になるようです。
「こうなったら止めてはいけません」
手綱で逃げられなくすると馬は恐怖を感じるそうです。
「前に出しましょう」
馬が安心するまで走らせるしかないそうです。
「はい、かけあーし!」
えっ、この状況で?速歩に落ちたものの駈歩発進をかけられる状況ではありません。
それでも容赦なくインストラクターから指示が飛びます。「落ちてもいいや」精神全開で発進!
「よーし、はんまーき!」
さらにグレードが上がります。何度か失敗。その度に内方姿勢に気をつけて前に出すように言われ、
「今日はできるまでやりましょう」
落ちないでおこうという気持ちがありありと見えるそうで(これでは馬もしんどい)前に出す気持ちが見えない(そうです。かなりビビっています)。
何とか右手前で2回成功し、OKが出ました。

「こういうことはいくらでもあります。草食動物は身の危険から逃げようとするのです。それに騎手が負けてはいけません。暴走したら前に出すこと。止めようとすると落馬までの時間が長くなるだけです。この上体をコントロールする為にも、座骨の上にしっかり乗るということが大事です。」

身の危険を(感じているだけですが)乗り越えてこそスキルは上がって行くのだと痛感させられるレッスンでした。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。