So-net無料ブログ作成

バレエ発表会の練習 [Ballet]

発表会の練習。コッペリア第3幕。

まず全員で復習。オープニングとフィナーレ。人のを見ながら何とかついて行きます。前回は、これで全部かと思っていましたが、これはいわば表紙と裏表紙。中身はこれからです。

大人の踊りは「祈り」と「戦い」。女性陣が「祈り」、男性陣が「戦い」。
主宰先生がノートを手に振り付けを進めて行かれます。譜面とか台本というものがなく、絵コンテのようなものがその代わり。
そして「〇〇さん。」…ついに名指しで振り付け。ひょっとしてソロ!?!?と思いましたが、今日欠席しておられる方とデュエットです。おじさん二人で踊ります。とはいえ、ジャンプありピルエット(ターン)あり、なかなか手強い踊りです。

今日はもう一人上手なお兄さんが加わり、超うまいお兄さんと二人で見せ場を作られます。なかなかカッコいいですよ。もうひとり、小学生の男の子がいて頑張っています。

かなりの体力勝負ですが、舞台作りは本当に楽しいです。

乗馬219

まず姿勢チェック。

片手手綱で、反対の腕を大きく肩甲骨から回す。このとき、背骨、骨盤まで動きが及ぶようにする。全体が上に引き上げられるイメージ。これを両方やる。
次に鐙を外し、ダラーンと下ろす。重力に任せる。
結果、腰が上下に引っ張られる。

上体は上へ、下肢はしたへ延びる。すると腰は上下に引っ張られる。これって、バレエと同じです。

騎座、腰、背中後頭部は一直線。物差しをあてがってチェック。

「この姿勢をキープすることにより、扶助が出しやすくなります。
手綱の扶助はこの姿勢のまま、腕全体を使ってやります。」

「筋肉は腕、脚を動かすために使うのです(しがみつくためではない)。」

以上を常歩、速歩、軽速歩、駈歩で。確かに楽に乗れます。これが今日のテーマ。

駈歩がどうも、しがみつきがちになってしまいます。馬に放り出された記憶が邪魔をしているのかもしれません。

乗馬218 [乗馬]

今年初めの乗馬は、「歩度伸ばせ」「歩度を詰め」の練習。
イメージをしっかり描いて扶助をする。馬の形、脚の高さ、リズム、走る経路。
漫然と走らせるのではなく、馬に理想を求めて行きましょう。

駈歩は無し。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。